ホテルの利用

客室備品の品質上の注意

海外のホテルに宿泊する際は、品質にこだわらなければ滞在に必要な大概のものはホテルに用意されています。仮に部屋に常備されていなくても客室係にリクエストすれば、ある程度以上のホテルであればそろいます。 高級なホテルで使用されているものは、イメージが大切でもあり、そこそこ良い製品が使われていますが、注意が必要なのは男性なら髭剃り、女性ならヘアドライヤーです。 髭剃りはバスルームアメニティとして安全剃刀が用意されていますが、髭の濃い男性には満足いく品質ではないため、電気剃刀持参が無難です。 ヘアドライヤーも通常は常備されていますが、日本の美容家電が他国よりも進みすぎていることもあり、日常ナノケアやマイナスイオンドライヤーを愛用している場合は持参する方がストレスがたまらないはずです。 なお、ドライヤーは、特に美容家電としての機能のある製品はマルチ電圧対応ではないため、日本と異なる電圧の国では変圧器が必要になりますが、変圧器並びにアダプターはホテルでリクエストベースで用意されていますから、予約時あるいはチェックイン時にフロントで依頼すれば持参の必要はありません。

ホテルはネットと電話で確認。

あなたは何に重きを置いてホテル・宿泊先を探していますか。今はとても便利です。 それは、インターネットにより口コミや各宿泊先を訪れた人間がその場所を評価し、みんなが閲覧できるということ。 これによって、初めて泊まる旅館やホテルでも大体のイメージが付き、金額や料理など大切な人と行くのに間違いや失敗を予め防ぐことができる。だが、全てが正しいとも限らない。ネット以外にも雑誌でも紹介され、これ以上確認は必要ないと思っても電話でも旅館やホテルには連絡するのが望ましいです。機械を使って全て正確と思っているとそこには落とし穴。最終的には人間によって確認がされるものなので、面倒でも電話でも確認するといいと思います。人によって宿泊先の選び方は異なりますが、旅館でもホテルでも確認を行い、最高の時間を過ごせるように努めましょう。